研究会発足の趣旨

 世界中で「無人航空機」(ドローン)に注目が集まっています。「ドローン革命」などとも言われ、利用シーンは急拡大中です。例えば農薬散布やインフラ監視などで利用され、テレビなどの撮影で見かけることも増えてきました。警備や物流、広告などでもドローンの利用が検討され始めています。

この動きを背景として、日経BPクリーンテック研究所では、2014年に「ドローン研究会2014年」を開催しました。様々な生活シーン、ビジネスシーンでドローンが利用される社会を目指し、ドローンについての最新情報をお伝えするとともに、異業種ネットワーキングの場を提供してビジネスモデルを考えていただくことを目的としました。

2014年の研究会では、5回にわたって、米国をはじめ海外での開発・利用の動向、国内におけるドローンに関する制度・法規制(国土交通省、総務省、経済産業省)、国内での活用事例など、ドローン活用の最前線の情報をお届けしました。ドローンの新しい用途を検討するために参加メンバーによるグループ討議も実施し、アイデアや視点を共有しました。

これに続けて、2015年は第2弾を開催します。今回のキーワードは、「体感」です。ドローンの実物に触れ、実際に操縦してみることで、性能やリスクを体感し、より深く理解していただけるはずです。そのうえで参加者の皆さまには、用途やリスク、ビジネスモデルについて、より深く、具体的に議論していただきます。

研究会の特徴

 研究会には、ドローンの開発やビジネスでの活用を考えている多くの企業の方にご参加いただきます。業種をまたがったコミュニティを作ることで、様々な人と知り合い、議論し、ビジネスを生み出したり、法制度などの環境整備を促したりすることが狙いです。本研究会の具体的な特徴は次の通りです。

  • ドローン操縦体験を通じて、性能やリスクを体感できる
  • 世界的なドローンの権威である野波教授から最新の知見・情報を得られる
  • ドローンの活用事例を担当者から直接聞ける
  • 同様の問題意識を持つ他企業と知り合い、ドローンの応用分野を議論できる

NHKや日経新聞でも取り上げられたドローン研究の第一人者が全面協力!

アドバイザー:野波 健蔵(のなみ けんぞう)氏

 本研究会は、千葉大学の野波健蔵特別教授にアドバイザーとして参加していただきます。野波先生は、30年間以上にわたり自律制御、ロボット、メカトロニクスの研究を行い、55件の特許が権利化され、10件が出願中というドローンに対する造詣がとても深く、業界の第一人者と言えます。2013年11月1日には、株式会社自律制御システム研究所を設立し、ドローンの研究開発と製造販売を中心に事業を展開しています。

講師から

「空からの配送サービスは空想ではない。4、5年で実現できる」(米Amazon.com社CEO Jeff Bezos氏)。2013年12月1日、米国インターネット通販最大手のAmazon.com社が無人のマルチローターヘリコプター(ドローン)を使った宅配を計画していると発表しました。欧州でも、ドイツポストDHLがドローンによる配送テストを成功させ、英国ドミノ・ピザが空からの宅配を試験運転しています。米国のシンクタンク会社によれば、2025年に米国においてドローン産業が10兆円規模になり、10万人の雇用を産み、米国上空を3万機のドローンが飛行することになります。強力なブラシレスモーターの性能向上によって、機体重量の3~5倍の荷物を運ぶことが可能になったことが背景にあります。町中をいくつものドローンが普通に飛行している世界がすぐそこに来ているのです。

野波 健蔵 氏

千葉大学特別教授
野波 健蔵

略歴
  • 1979年 東京都立大学大学院工学研究科機械工学専攻博士課程修了
  • 1986年 米航空宇宙局(NASA)研究員・シニア研究員
  • 1994年 千葉大学教授
  • 2008年 千葉大学理事・副学長
  • 2010年 「Autonomous Flying Robots」をSpringer社から出版
  • 2011年 日本学術会議連携会員
  • 2012年 ミニサーベイヤーコンソーシアム会長
  • 2013年 国際知的無人システム学会会長
  • 2013年 大学発ベンチャー「(株)自律制御システム研究所」代表取締役
  • 2014年 千葉大学特別教授 現在に至る

活動の概要

 研究会は、月に1回の定例会を5回開催します。定例会は、体感、講演会、議論、人脈構築の4つの要素で構成します。また議論を通して得たメッセージや提言は、メディアやイベントを通して対外的に発表していくことを視野に入れています。

体感 ドローンの操縦とそのための講義
講演会 有識者による講演、技術的性能、海外動向など
議論 ビジネスへの応用や社会インフラとしての活用を議論する場
人脈構築 参加企業同士の名刺交換、懇親会、名簿配布

第1回(5月21日)では、国際ドローン展でドローンのデモ飛行を見学いただけます!

プログラム

※各回の詳細は順次アップデートいたします。

第1回定例会:海外メーカーの講演と懇親会終了しました

幕張メッセ(※)で、海外メーカーの講演を実施します。中国や欧米のメーカーによる、製品の特徴や事業戦略についての講演です。連携企画の国際ドローン展では、ドローンの飛行が実際にご覧いただけます。懇親会では、国際ドローン展の出展社も含めた幅広い交流の場を提供します。

海外メーカー候補:カナダAeryon Labs社、米Skycatch社、中国DJI社
※「国際ドローン展」(主催:日本能率協会)との連携企画です

  • 研究会のスケジュールと今後の進め方
  • 海外メーカーのドローン性能
  • 海外メーカーの事業戦略
  • ドローンの飛行見学
  • 懇親会

第2回定例会:ドローンの操縦体験

お一人ずつ時間を確保し、参加者全員にドローンの操縦を体験していただきます。実際に操縦することで、ドローンの性能や危険性を体感します。また操縦のための実技講義も、本研究会用に特別に組んでいただくエッセンス版を受講していただきます。

  • ドローンの操縦シミュレーション体験
  • ドローンの実機による操縦体験
  • ドローン操縦のための実技講義(エッセンス版)

※ここでの実技講義は、あくまでも体験用です。実際に免許を取得する際には、正式な講義を受講することをお勧めします。

第3回定例会:特区の取り組み途中参加コースはこちらの回からの参加となります。

ドローン特区に選ばれた自治体の計画を紐解き、特区においてどのようなことが可能か、何をするべきか議論します。

  • ドローン特区の計画
  • ドローン特区の狙い
  • ドローン特区の可能性について議論

講演者
長野県警察
災害時やイベントなどの監視にドローンを実際に活用している長野県警察の操縦担当者からお話を伺います。
訓練を含めて毎月、8~12回の飛行を行う経験から、ドローンの優位性、飛行における注意点、ドローンへの要望を講演していただきます。
警察におけるドローン活用の今後の可能性についても、ディスカッションするいい機会になります。

軍事アナリスト 小川和久氏
首相官邸の屋上にドローンが落ちていた事件を受けて、ドローンに対する危険性が心配されています。
小川氏は、2002年に首相官邸のセキュリティチェックを行い、空からのテロの危険性を指摘していました。
ドローンの軍事的利用の現状、テロの可能性、国の取るべき対策などについてご講演いただきます。

第3回~第5回では、第一人者の野波教授から業界の最新動向を報告していただきます。
世界の情報、官庁の動き、自治体の動向、新しいアプリケーションの話、既に利用しているユーザーの意見など多岐に渡る最新情報を講演いただき、参加メンバーで共有します。

第4回定例会:応用分野

警備、消防、防災など応用分野における導入状況あるいは導入の計画について、担当者から話を聞きます。そして、他の応用の可能性について議論します。

  • 警備
  • 消防
  • 議論

講演者
トーフナ
映画、テレビ番組などのドローンを使った撮影では、日本で最大手のひとつ。
50台を所有し、年間数百回のドローン撮影を手掛ける経験から、街中での撮影、映画のクオリティを確保するためのノウハウ、 撮影におけるドローンの有効性、撮影のためのドローンに必要な条件、ドローンへの要望などを講演いただきます。

第5回定例会:まとめ

最終回は、ドローンを活用した物流とエンターテインメントについて講演を開催します。また、パネルディスカッションを実施し、将来のドローンの可能性を議論します。

  • ドローンと物流
  • エンターテインメント
  • 議論
  • 懇親会

講演者
花水木弁護士事務所
ロボットに関わる法律について詳しい弁護士をお招きして、ドローンが起こした事故などのケースによる判決の違い、
法律家から見たドローンを飛ばす上での留意点などをご講演いただきます。
ドローンを使ったビジネスを考えている方には必見です。

日本アビオニクス
メガソーラーや橋梁の点検に必要な赤外線カメラをドローン用に初めて開発した日本アビオニクスから
その開発担当者をお招きして、軽量化の工夫や優位点、赤外線カメラを搭載したドローンの今後の可能性について
ご講演いただきます。

※プログラムは予定です。変更の場合があることを予めご了承ください。

講演者

・カナダAeryon(エリオン)社
ドローン最高機種のメーカー。日本ではNEXCO東日本が導入。

・Japan Drones株式会社
DIYタイプのドローンを販売している米3D Robotics社のソフト開発の日本拠点。
※同社のドローンを購入すれば、以降のソフトウエアはオープンソースでフリーで入手可能。

・米Skycatch社
建築現場の空撮でシェアを拡大。日本ではコマツと提携。コマツはドローンを使って工事作業の自動化を視野に数年で数百機を調達予定。

・中国DJI
ドローン生産では世界トップ。ホビー用途で圧倒的なシェア。
ホワイトハウスに落ちたという報道も同社のもの。ホビー用途から業務用に戦略を拡大。

・日本アビオニクス
ドローンに搭載する赤外線カメラを開発。これまでドローン用の製品がなかったために制限があったが、今回の開発でドローンの用途が広がる可能性も。
赤外線カメラを搭載したドローンの応用範囲や開発の狙いなどを講演予定。

その他に以下の企業・団体に講演を交渉しております。
ドローンを使用している農業関係者、災害用にドローン導入を検討する自治体、ドローンを使用しているユーザー企業・団体など

※講演者は交渉中です。変更になる可能性がございます。
※決定した講演者は各回ごとにご案内しております。各回プログラムをご参照ください。

研究会開催概要

日程
■申し込み締め切り 2015年 7月21日(火)
■第1回定例会 2015年 5月21日(木)13時から終了しました
■第2回定例会 2015年 6月26日(金)13時から
■第3回定例会 2015年 7月23日(木)14時から
■第4回定例会 2015年 8月20日(木)14時から
■第5回定例会 2015年 9月17日(木)14時から
■報告書 2015年10月

※第1回は国際ドローン展の見学をする予定です。国際ドローン展参加に必要な情報を日経BP社から日本能率協会の方へお渡しします。なお、日本能率協会にお渡しした情報は各自それぞれの責任において管理されます。
※ご参加いただいた企業お申込みの際、ご記入いただいたご勤務先を、本研究会の募集告知等に表示する場合があります。
ご同意の上、お申込みください。

開催時間

第3回~5回 14:00開始予定 ※各回ごとに終了時間が異なります
※第1回・2回の開催時間は異なります。

会場

第1回:幕張メッセ( http://www.m-messe.co.jp/access/index.html
第2回:千葉大学 西千葉キャンパス(http://www.chiba-u.ac.jp/access/nishichiba/
第3回:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(http://solacity.jp/cc/access/
    東京都千代田区神田駿河台4-6
第4回・5回:ベルサール御成門駅前(http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_onarimon/access.html
    東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル1F

費用

新規:1社540,000円(税込)
継続:1社432,000円(税込) 
※第1期ドローン研究会2014年にご参加いただいた継続の方は432,000円で受講いただけます。
途中参加:1社432,000円(税込)
申込締切:7月21日(火)

※お申込みフォームには代表者様のお名前を記入ください。

出席者 討議がありますので、同じ方に毎回ご出席いただけますようお願いします。
主催
(事務局)
日経BPクリーンテック研究所
権利関係 本研究会では、会員メンバー間で情報は共有されることを前提にしています。議論を進めるに当たり、また最終報告書の議事録をまとめるに当たり、秘密情報は持ち込まないようにお願いします。
想定メンバー 情報通信、電気電子、機械、自動車、流通、不動産、建設、金融、広告、メディア、その他サービスなど多くの異なる業種の方の参加を想定しています。
配布物・
成果物
野波 健蔵 氏
  • 各回の資料
  • 最終報告書 2015年10月 納品
    (第一期では約800ページにわたる最終報告書をお配りしました。)
    • 目次案 1.ドローンの最新動向
    • 2.技術動向
    • 3.法規制の課題
    • 4.先進導入事例
    • 5.今後の課題と提言
  • 日経BP社から対外的にレポートを発信します。(ロビー活動や情報発信を想定)

運営体制

 本研究会の運営は、日経BPクリーンテック研究所と日経エレクトロニクス編集、日経テクノロジーオンライン編集が行います。

 議事録や報告書などの実務はすべて日経BPクリーンテック研究所にて行いますので、メンバーの方々に割り振ることはございません。研究を進め、報告書をまとめるに当たり、事前・事後にご意見をお伺いする場合がございます。

 本研究会は、千葉大学 特別教授 兼 株式会社自律制御システム研究所 代表取締役、野波健蔵様の協力を得て進めます。野波様は、30年間以上にわたって先端的制御、自律制御、ロボット、メカトロニクスの研究を重ね、2013年11月1日にドローンの研究開発・製造販売を事業とする株式会社自律制御システム研究所を設立されました。

責任者 日経BPクリーンテック研究所 所長  望月洋介
メンバー 同 副所長 神保重紀
同 副所長 河井保博
同 主席研究員 藤堂安人
同 主任研究員 中西清隆
同 主任研究員 金子憲治
同 主任研究員 菊池珠夫
技術情報グループ開発 田野倉 保雄
アドバイザー 千葉大学・特別教授/自律制御システム研究所・代表取締役 野波健蔵

途中参加(第3回~第5回)お申し込みはこちら

研究会終了後に全5回分の報告書をお渡ししますので第3回からの参加でも心配なくご参加いただけます!
本セミナーに関するお問い合わせはこちら

お申し込み後のキャンセルおよび欠席について、お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますよう、お願いいたします。

本研究会に関するおお問い合わせはこちらからお願いします。